パナソニックLUMIX 14-45標準ズーム獲得!

前回の復帰の投稿を通っパニエソニック(Panasonic)Lumix GF1を新たに獲得したというニュースをお伝えしました。しかし、購入した製品が20mmレンズバンドルキットなので、ズームレンズの部分が少し残念でした。だからPanasonicレンズの中で安価な14-45mmレンズを追加で1つを購入しましたね。正確な製品の名称は、「パナソニックLUMIX G Vario 14-45mm F3.5-5.6 ASPH。MEGA OIS」です。優先生じた姿は、次のとおりです。購入する際に南大門市場にあるお店 ​​を後てましたが、国内製品だからお店によって価格と製品の質がかなり違いがナドグンヨ。まぁ、本当にきれいな人をよく選んだようです。花柄フードが追加されていたんです。

thumb_P1000058

製品の仕様は、名前からわかるように14-45mm(35mmフィルム基準28-90mm)の標準ズーム領域であり、絞り数値が5.6である可変絞ります。絞り数値のせいか、MEGA OISというパナソニックの製品の手ブレ防止が入っています。MODE 1,2,3の3つの方法がサポートされるために、まだマニュアルをしっかり読んでいないせいで、どのような方法かどうかは.. ^ ^

thumb_P1000059

まあ、いくつかのレンズで構成されているかどうかなどの数値的な説明は、好みではないのでパスして…サンプルショットでおよその画角に述べてみようかあります。まず14mmです。写真撮る時に、写真の中の木が約3〜4m離れていました。

thumb_P1000102

最大ズームで引いた写真です。上の写真と同じ位置で撮りました。思ったよりかなり(?)引いてくれますね。

thumb_P1000103

LUMIXレンズの中で最も好みのレンズは14-140mmレンズとはいえ、あまりにも価格が高いため、まず安価なこの人に満足を感じてみようします。おそらく屋外に出る時は、この人だけマウントして通うはずです。そして、既存のに持っていた20mmレンズは、おそらく屋内で使用されていないかと思います。=)

thumb_P1000060

今私はPanasonic GF1ユーザー!

はい。タイトルそのままです。先日から持っていたカメラ装置を完全に放出し始めました。持っていたCanon EOS 30D、そしてTamron 17-50、Canon EF 85mm F1.8などの満足度は高かったが、DSLRの性質上、サイズが大きく、重くて簡単に持って通われをアンドグンヨ。そんな車に先日から吹き始めたDSL類のカメラはいろいろな方法で私を誘惑するのに十分であった。さらに、会社の同僚にPanasonic GF1を推薦をしながら触ってみたところ、思いのほか良いパフォーマンスを見せてくれました。もちろん、他の方の使用期限も十分に見たんです。だから、今日ついに私もPanasonic GF1ユーザーになりました。!!Panasonic GF1の場合によく話をする本物の内需の価格差が相当します。私が購入したのは20mm F1.7バクスセトなのに、ほぼ25万円〜30万円ラインの価格差を見せています。両者の違いは、機械的なことは同じですが、国内向けはメニューが日本語にしか表示がないという。-_-もちろんA / Sの違いもあるけどね。(参考までに購入する際に日本語での取扱説明書を受け取りました。図に見つけねまあ。)がDSLRをある程度使い慣れてメニュー画像と感だけである程度の設定をすることができるものと思われます。私そうですよ。^ ^

Panasonic GF1の場合フォーサーズシステムを基本としているため、35mmフィルム基準(デジタルでは、Full-Frame基準?)1:2の画角を見えます。つまり20mmであれば、Full-Frame基準40mmとなるでしょう。^ ^ さてさて、実物をご覧回!周りにカメラがなくて非常にしばらく借りて、瞬く間に足撮ったのでご了承ください。=)ボックスの全景です。ボックスには、GF1ボディと20mm F1.7レンズ、ストラップ、バッテリー、充電器などの一般的なコンポーネントが含まれています。上でも話したようにハングルのマニュアルと220V用の豚の鼻は販売店から無償で受けたんです。メモリ、MCUV、液晶保護される別途購入しました。

IMG_0270

さてすっきりとしたボディの様子です。20mm F1.7レンズをマウントした状態で、17mmレンズはMCUVフィルタを入れておいた。まああんまりたくさん見た写真だからインスピレーションをお持ちでないでしょうか?このように発生しました。

IMG_0268

少し上から撮りました。上部はこのように見えるね。EVF(Electric View Finder)をつけてあげたいという気持ちが強いです。-_-

IMG_0269

今このカメラを通し、以前とは別の写真(?)を撮るだけ残りましたね。良い機器であるだけに素敵な写真を見せてくれると期待します。カメラが軽くなっただけ、これからは日常の写真もしばしば掲載してみましょう

ほんの少し触ったニコンD700とソニーa700

旧正月連休にちょっと時間を出して一山のウェスタンドームに行きました。夫人とお姉さまの手に引かれて運転手に行って来た、次第可愛らしく飾っていたのです。しばらくuClinuxを修正ディックス店を訪問しました。 修正ディックスは、やはり男性がホクハルな機器をすべて持っていますね。しばらく店を見回しながら一番最初に発見したのは、アップルのアルミニューベクブクでした。しばらく外形を見てみたところ、やはりボディ部分のデザインが素晴らしいですね。為替レートのみ正常(?)だったらパッと上げをかもしれないものでした。-_- そして店に入った目的を実行するためにDSLRコーナーでささっと…実際に店舗に訪れた目的は、CanonのEOS 5D Mark IIであった。新しく出てきたボディにFull-Frameなので関心が高かったんですよ。しかし、店頭で展示がされていないため、代わりにNikonのフルフレームボディのD700とSonyの中級機ボディのa700を触ってみました。

ほんの少し、通りすがりの道に触れたものは非常にシンプルな感じが、受けたね。
まずNikon D700の場合は、ボディがずっしりしました。50mmレンズがマウントされていて、電源を上げ、連写モードでの設定をして、しばらく撮ってみました。撮影フォーマットを確認していないが、補助バッテリーなしで満足できるレベルの連写速度を提供してくれました。 第二​​Sony a700は、ズームレンズが付いていました。ソニーの利点の一つであるSSSが動作するモードでした。フルフレームボディのa900を触ってみたらもっと良かっただろうが、ソニーのDSLRはほとんど触ったことがないので、しばらくの間はあるが、一度撮ってみたかったのです。手に握る感じが悪くないように近づいてきました。やっぱりシャッター音を聞くためにスピーカーモードに設定をして撮ってきたが、今使用しているCanon EOS 30Dよりも少し遅い感じがしますね。 本当に短く触れたもの触った感じの中で最も差が出るのシャッター音の感じだけ書いて見ます。 私は「ガチャ」と重く感じられる音ではなく、「カチッ」と軽く感じられるシャッター音を良くします。その意味で、今使用しているCanon EOS 30Dのシャッター音はかなり満足していよ。しかし、Canon EOS 5Dのシャッター音は少し重い音がします。従って、新しく出てきたCanon EOS 5D Mark IIのシャッター音と感触を知りたくて修正ディックスに入ったものでもしたんです。その触った二つのボディの中では、D700はいけない、より満足感をくれました。 DSLRというものが急に判断を下して簡単に買うことができるものではないから十分に長い時間触れて判断をする必要がありますが、その日の感じを基準に直径悩みリスト(もちろん現実性がないわけではご存知-_-)にNikon D700を追加してみることにします。~~~~(楽しい想像だけで。-_-)