ほんの少し触ったニコンD700とソニーa700

旧正月連休にちょっと時間を出して一山のウェスタンドームに行きました。夫人とお姉さまの手に引かれて運転手に行って来た、次第可愛らしく飾っていたのです。しばらくuClinuxを修正ディックス店を訪問しました。 修正ディックスは、やはり男性がホクハルな機器をすべて持っていますね。しばらく店を見回しながら一番最初に発見したのは、アップルのアルミニューベクブクでした。しばらく外形を見てみたところ、やはりボディ部分のデザインが素晴らしいですね。為替レートのみ正常(?)だったらパッと上げをかもしれないものでした。-_- そして店に入った目的を実行するためにDSLRコーナーでささっと…実際に店舗に訪れた目的は、CanonのEOS 5D Mark IIであった。新しく出てきたボディにFull-Frameなので関心が高かったんですよ。しかし、店頭で展示がされていないため、代わりにNikonのフルフレームボディのD700とSonyの中級機ボディのa700を触ってみました。

ほんの少し、通りすがりの道に触れたものは非常にシンプルな感じが、受けたね。
まずNikon D700の場合は、ボディがずっしりしました。50mmレンズがマウントされていて、電源を上げ、連写モードでの設定をして、しばらく撮ってみました。撮影フォーマットを確認していないが、補助バッテリーなしで満足できるレベルの連写速度を提供してくれました。 第二​​Sony a700は、ズームレンズが付いていました。ソニーの利点の一つであるSSSが動作するモードでした。フルフレームボディのa900を触ってみたらもっと良かっただろうが、ソニーのDSLRはほとんど触ったことがないので、しばらくの間はあるが、一度撮ってみたかったのです。手に握る感じが悪くないように近づいてきました。やっぱりシャッター音を聞くためにスピーカーモードに設定をして撮ってきたが、今使用しているCanon EOS 30Dよりも少し遅い感じがしますね。 本当に短く触れたもの触った感じの中で最も差が出るのシャッター音の感じだけ書いて見ます。 私は「ガチャ」と重く感じられる音ではなく、「カチッ」と軽く感じられるシャッター音を良くします。その意味で、今使用しているCanon EOS 30Dのシャッター音はかなり満足していよ。しかし、Canon EOS 5Dのシャッター音は少し重い音がします。従って、新しく出てきたCanon EOS 5D Mark IIのシャッター音と感触を知りたくて修正ディックスに入ったものでもしたんです。その触った二つのボディの中では、D700はいけない、より満足感をくれました。 DSLRというものが急に判断を下して簡単に買うことができるものではないから十分に長い時間触れて判断をする必要がありますが、その日の感じを基準に直径悩みリスト(もちろん現実性がないわけではご存知-_-)にNikon D700を追加してみることにします。~~~~(楽しい想像だけで。-_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です