iPhoneの3Gsに新しい服を着せてくれました。icoverレザーケース

この間によく使用していたiPhoneの3Gsリッパーました。リッパーを受​​けたきっかけは、同じ場所で受信感度が他の同じ機器よりもアンテナが2〜3個落ちる現象と相手が声がよく聞こえない現象のためでした。

以前に初めてiPhoneを購入してからケースを着せたが、ケースが汚れているたので、「やっぱり、iPhoneはセンポンが真理だ〜」という考えを持ってセンポンに持って通っていたが、リッパーを受けて、新しいボディを持ったiPhoneをてみると、保護心理が働くをしてケースを購入したんです。いざという低次元な事情で今日受け取ったケースもかぶせてくれて、保護フィルムも貼りなおしてくれました。

ケースを購入する前に、私は選択したケースの条件は次のとおりです。
1)ゼリーケースは避ける。 – グリップ感もそう、iPhoneのポデを軽減させてくれる役割をするにシリコ​​ーン製のケースは避ける方です。
2)着脱が容易なべき。 – あるケーススライダーのように、iPhoneの全体を包み込んでくれる代わりに、毒に上げたりするには、下の部分を分離して与えなければならないケースは、好ましくありません。
3)グリップ感を損なわないようにする。 – iPhoneはセンポンがグリップ感が最も良いようです。ケースがあまりにも厚くなるとグリップ感を損なうので、できるだけ薄いことが購入する。

今回購入したケースの名前は「iPhone 3G / 3GSアイカバーレザーケース+ハードコート保護フィルム “。初めて購入する場合は、iPhoneと同じ色である白のケースを購入しましたが、今回は少し大胆な変身を試みてみました。

まさに「赤は3倍速い」という根拠のない俗説に巻き込ま赤ケースを購入しました。ㅋ
まず、包装ショット!

IMG_0703

パッケージを剥がしたら、次のようなケースが出てきます。アップルマークとカメラの部位は、穴が空いており、全体的に革の感じを与えるケースとなっていますね。また、写真にはありませんが、液晶部の保護のためのフィルムと、背面アップルロゴを選別するフィルムが含まれています。

IMG_0704

ケースの内側は、このようにできました。内側には、複数の国の特許を囲っています。韓国、日本、米国の特許を受けたね。
また、内側のケースは、anti-scratchコーティングがされているとします。説明上、スクラッチの日ではないだろうが、これは書いて見ると分かるようですね。

IMG_0705

オフィスにカメラがなくて、ノートパソコンのカムで撮ったらディテールが多潰れますね。
装着された姿は、次のとおりです。iPhoneの側面にある金属部分を完全にカバーしません。その部分に私はスクラッチは我慢周期ました。

Snapshot_20101130

やはりノートカムの用途は、おおよその人物の分ぐらいがなるか確認します。何かプラスチックケースとレザーの接合部を見せようとしましたが、ノートパソコンのカムには、とんでもない音ですね。結論はよくついているです。これはもっと使って見て耐久性テストをして見なければならないようだし。

Snapshot_20101130_1

背面はこんな感じです。正確アップルロゴの穴パン、カメラの穴パン、そして側面の音量調節部位に穴パンです。^ ^

Snapshot_20101130_2

久しぶりにiPhoneのケースを着せてやると、iPhoneがよりイポジね。そのうちには、このようにイポヘながら使用して与えなければならなりません。

蛇足)ところで…(情熱的な)赤ケースを挿入された3倍速くならないのは、どのような理由ででしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です