顔からだらだらと流れる汗がいやになりますね

顔から流れ落ちる汗。春夏秋冬を問わずに顔から汗をかくのはしんどいものです。特に会議中や、デートのときにお構いなしに流れてきますから、どうしようもなくはすかしい思いになるんですよね。このように顔汗 対策を教えてくれているサイトもあるんですね。

顔汗の原因は色々あると思いますが、根本的な解決はなかなか難しいもの。精神的なプレッシャーということもあるでしょうし、体質的なものも考えられますから。

漢方や薬でとめる方法もあるようですが、なかなか即効性のある手法が分からないようです。

先日も、会社でプレゼンをするときに、緊張とストレスもあってか顔から滝のような汗が出てきて、ハンカチで拭くんですが何回拭いてもどんどんとすごい汗が流れてくるんで、上司にも困った顔をされますし、私のプレゼンを聞いてる人も、話よりも私の顔汗に注目が集まってしまい、話の内容はほとんど理解してもらえていないようでした。

女性の場合は、化粧が崩れて大変という話も聞きますし、額から流れる汗で眉毛がなくなってしまったということも効きますので、とても苦労されているようです。

酷いときは、ハンカチ一枚では汗を吸収しきれないこともあるので、何とかして顔汗を抑える対策を考えないといけません。手のひらにも効果的なツボがあるときいてやってみたのですが、私の体質もあるのかあまり効果を実感できませんでした。

今後は制汗剤をつかってコントロールすることを考えていこうというところです。

秋の空

1352279407_48a0bcfa7a

昨日の空があまりにもきれいで撮影した秋の空の写真。
今、朝と夕方に肌寒くて、昼間は少し暑い典型的な秋の天気が続いていますね。
こういう時こそ皆風邪気をつけて~~~

ワークショップお客様の声

昨日と今日にかけて、チームのワークショップを行ってきまし。当社の場合は少し珍しく平日1.5日(出発日は午前勤務)を割いてのワークショップを行います。これらの方法は長所と短所ができるが、経験をしてみると、会社に通うメンバーの一人としてもっと効率であるということですね。もちろん昔は金/ディスカッションワークショップを行ったし、当時は金曜日1日だけ過ごしをして土曜日の場合は、不在にもかかわらず、会社の仕事(ワークショップ)をすることになるでしょう… 仕事の能率の話はとにかく、行ってきたペンションがあまりにも美しく、写真に掲載します。ナビゲーション3種類(アイナビマップ、メプピマップ、トマトマップ)が目的地の検索はすべて怖い、ペンションまでまっすぐに案内されたのはアイナビでした。あんまり山奥に位置しているせいか、絶対夜に出かけることができない(怖くても釘いきます。しくしく)のおかげで、非常に静かな場所です。そのためか朝食のホテルがかなり整っていたことも非常にきれいであることを感じることができましたね。名前は抱川の空香りペンションで…下の写真と一緒に少しずつお勧めします。まずペンションの全景です。2棟に分かれていて、写真に出てきた同意の場合、以下の2つの大きな家(?)と2階に2つのウォンプム形式の部屋があります。つまり4グループが利用することができますよね。

740

以下は、横の東です。下の大きな家かと2階に2つのワンルーム形式の部屋..そして1階には、主人の家があります。私たちのチームは、ここに同意の​​下したままと上記の小さなワンルームのいずれかをお借りしまし。石段を通って上がって行くようになる、芝生と石段の間には、溝に水が流れていました。これは後ろからの写真で再説明。

740 (1)

私たちが泊まっていた棟でヨプドンを撮った写真です。各1軒のテラスには、写真のようにパラソルが置かれていたんです。特に2階の場合は、ほぼ単独テラスにパラソルがあって見たら、ほとんどのティーテーブルレベルでした。とてもいいですね。

737

表の庭の全景です。こんなに広い芝生を散歩することができます。左側には、像が一つあり、隣には木製の椅子を積み重ねたところと、その横には、振動等がありました。

738

会社の同僚の一人が午前に振動を他というので遠くから撮りました。顔がアンナオニ..肖像権等の問題はないものと見えますね。^ ^

738 (1)

下の芝生に提出と見れば、建物の左側にそう人工的に作られた滝と小さな池があり、池には写真のように鯉も解放しますね。

735

739

横にある彫刻的なワゴンと満開のひまわり写真一枚です

736

734

上記のちょっと説明した小川です。上の写真にある池から流れ出ると考えられる明確な染色が流れていきます。特に何かがいなかったが、シンプルなアイデアでこんなに素敵な雰囲気を演出してくれるのがとても気に入りました。

735 (1)

と..こうしてペンションの姿を見せていただきました。ああ、内部の写真が落ちますね。

741

742

内部の写真の様子です。プリンセスベッドがあるところが2階のワンルームタイプです。とても雰囲気良いです。そして、残りの1枚の画像は、下の階のリビングルームから見た外の風景です。ペンションサイトを入って見れば分かるが、内部に小さな日本橋もあり…本当にいいですね。もしかしたらフォーチュンに行く方は、一度はみてください。ただし..注意点は…ペンションまで入る進入路があまりにも険しいということです。車一台が通る程度の石畳が2km程度や継続されます…しかし、ペンションの前まで行くと..その心配がある解ける程度になりますね。以上ペンション(?)後期でした。:)

良い写真を撮影するには…

この記事は、純粋に個人的な感じであることをお知らせいたします。たまに感じること表現しただけなので、実際とは異なる場合があり…私はそうだと話しています。良い写真を撮るためには、いろいろなことが必要だと思います。1。良いカメラ -ここで良いカメラとDSLRを話すことはありません。その場所にいるような感じを私は考えているようによく伝えることができるカメラを話すことです。しばしば述べているほとんどのカチカチ音がカメラはこの考えを表現するのに限界があることしかありません。もちろんいくつかのチックタックの場合は、あまりにも素晴らしい写真を撮って出す助けを与えたりするんです。

DSLRの場合、レンズを交換することができるという利点で、各レンズの特徴と特性をよく知ると、より良い写真を作るのに役立ちます。2。写真技術 -上の話したとおりの良いカメラを扱うことができる技術が必要となります。正確なジャンミョンルル表現するために、カメラの機能も取り扱ってますが、良い写真を得るための技術が必要になります。もちろん、この技術は一朝一夕にされないだろうし、多く撮って見て、たくさん学んで、たくさん評価されて、多くの変更が必要得ることができるようです。3。瞬間 -なんといっても一番重要なのは、瞬間ではないかと思います。あまりにも良いシーンに出会った瞬間があり、その時手にカメラがなくて惜しかったことがあります。あまりにも込めたい瞬間だが、心の中でだけの瞬間を撮るという物足りなさが多いことがあります。もちろん、このようにカメラを手に、毎日持ち運ぶには携帯性が良くなければならなのに…そこが少し惜しいんです。結論がカメラを毎日持ち運ぶの者のようになってしまいました…数日良いシーンを逃してしまって、このような文を書くされているようですね。クルロック。

自然への旅、自然休養林

先週のチームでワークショップを行った。場所は雲岳山自然休養林。(ネイバーマップリンク) 自然休養林は、一度行ってみたかった、これまで機会がされず、経験が一つもなかったが、今回は良い機会になったようです。全体的にはかなり良かったです。しかし、他の自然休養林を訪問したことがある会社の同僚は、「他の場所がすべてだあまりよくはない。ここは私が行ったところに比べれば10倍はいい」と言われます。 到着した日荷物をほどいてからしばらく外に出て写真を何枚か撮りました。残念ながら休養林内の宿泊施設の内の写真を撮らなかったので、内部もかなり綺麗で良かったです。

IMG_3937

翌朝は、前日の夜に飲んだお酒をヘジャンする上、自然休養林入口にある(名前が覚えていない。-_-)に行ってご飯を食べ、レストラン、インテリアが。だから何枚撮ってみました。

IMG_4058

今回の自然休養林の訪問は非常に気持ちが良かったです。まず最初に、自然休養林というところを訪問したのもそうだし雲岳山自然休養林の場合作ったがしばらくされていなくて、ほとんどが施設がきれいであること。そして休養林の内部に簡単に散歩をすることができる遊歩道があったからでしょう。おかげで久しぶりに少し汗出る運動をしました。

IMG_4062

価格も安いので、後で機会があれば子供と一緒に来て、一日まとめてみようと思います。

最後の決心。絶筆。

この記事をRSSを通って読みらっしゃる方もいるだろうし、もしか私のブログを訪問しながら読む方もおられるでしょうに…
このブログの最後の記事を書くためにしばらく聞こえました。このブログの一番をドメインを購入して記事を書き、最近の記事は、昨年2月に書いたね。最初は偶然他の記事をダガ使い勝手もして…簡単な散文を書くもしました。それとともにブログというのが、このようなことだなということを少しでも学びながら記事を頻繁に書いたこともありますね。情熱が多い時期でしたか? さて、今その情熱というものがたくさん消えてしまったようです。

しかし、今ではその悩みを整理しなければならないようです。しばらくブログを通した多くの方々を知り、多くの経験をしており、多くの成長をして学んだと思いをします。しかし、今ではブログで記事を書くことができる時間の不足(言い訳勝利します。)と他のメディア(SNS等)の成長を通ってそこに留まる時間が増えてきたことが、ブログを維持しにくくなった理由となりました。 何よりも最も大きな原因は、上に述べていた「情熱の欠如」が最大の原因かもしれません。 今このブログには記事が更新されない予定です。 ま前に述べたように、ブログというツール(?)、通信媒体(?)を通って、私は多くの成長をすることができました。この成長をすることができるように助けてくださったすべての方々に感謝します。 すべての方に幸せし、新年には福たくさん受けてください。

iPhoneの新しい服を着せてくれました。

約二ヶ月前のiPhoneに新しいケースをかぶせてくれました。赤の強烈な革感のケースでした。数ヶ月が経った今、少しの問題が発生しましたね。 このケースは、プラスチックのケースにレザーを重ねた形のケースでした。手で握る感じがかなり満足のいくケースでした。革の感じが強くて、iPhone上で非常に密着されて違和感がなく、体積感も大きくなかったですね。 しかし、問題は数ヶ月経つと少しずつ発生します。下に見えるように、最も薄い部分であるボリューム調節部位の革の接着剤のせいでもう革がプラスチックケースから少しずつ落ち始めました。

IMG_0923

た、角の部分は、以下のように革が押される度ですね。そうされグーステッカーが他の所に求められます。

IMG_0924

最終的には、従来のケースを交換周期ました。 ただし!前提条件は、整理整頓、手頃な価格、そして体積感の最小化です。 ので、選択した人が下に見えるケースです。全体的に薄いプラスチックになっていて穴があいていて、多少のデザイン的な外観を持っているんです。白のiPhoneですが、黒のケースを使用することにより、少しのデザイン的な要素も選択に含まれています。

IMG_0925

とにかくこの人は格もかなり安いです。2,900円という価格(2,500原因の送料と似ています)ので、既存のサイバーマネーを通って自由に購入することができたのですから。まあ安いのおかげで液晶保護区などは含まれていなかったが、安い価格でふさわしくない贈答品も含まれていました。

IMG_0926

今数ヶ月は戻って、このケースは、iPhoneを守ってくれる落せ期待しながら…..本当に久しぶりのポストをあげて見ます。ホックホック。

スマートフォンの使用によるショッピングスタイルの変化

週末に子供たちにクリスマスプレゼントを買ってと言っながら周辺にある大型マートを行っています。「必要なものあればえらべ〜買って早く〜」と言ってから選ぶことを確認してみました。ところが、ふと価格が気になるのです。マートに記載されている価格ではなく、オンラインではどのようにするかどうかが気になったね。だから、その場でiPhone上で、次のアプリを入れてから価格を確認してみる作業をしました。-_-

この間更新された次のiPhoneのアプリには、上部に「コード」というボタンがあります。

このコードというボタンを押すと、バーコードを認識することができる画面が表示されました。

もちろん上の白い四角の中に物のバーコードを位置させ、しばらくある場合、次のように、現在の製品の価格リストが表示されます。

送料を含めると、オンラインの最高とオフラインの価格がほぼ同様の結果を示しています。

しかし、オンラインでは、さまざまなクーポンを含めることができるという点が、他の選択でしょう。

まず子供たちに選択の幅を与えました。「今買うより家に帰って買ったら、少しでも多くのお金を節約することができる。」と言ったら「でも今持っていると思う〜」という回答をくれました。だから「もし家に行って買うとなると割引されている価格に他のことをもう一つ買うことができる」と話したら、その時初めて私の提案を受け入れました。

上記のように、現在の波は製品のオンラインの製品の価格を確認してみるか程度はより買うことができる価格の差が出ました。もちろんそう保存されたバーコード情報を持って家に来て買い物を再逮捕。

子供たちには待機を通せばもっと多くの利点を得ることができる機会を提供したものであり、私は子供たちに一つの贈り物をより与えることになるでしょう。

昔はスーパーに行って、価格を比較する方法がなく、ただ買うか、価格の検索サイトが起こった後は、モデル情報を書き留めたあとにもう一度検索をしましたが、今ではあまりにも簡単に価格情報を知ることになるので食品は知らなくても、工業製品は、簡単に購入するのが難しくなりますね。どうしてもオンラインが少しでもより安いからね。

おそらくこれも、スマートフォンが与えるもう一つの消費パターンの変化がないかです。私だけこんなのでしょうか?^ ^

iPhoneの3Gsに新しい服を着せてくれました。icoverレザーケース

この間によく使用していたiPhoneの3Gsリッパーました。リッパーを受​​けたきっかけは、同じ場所で受信感度が他の同じ機器よりもアンテナが2〜3個落ちる現象と相手が声がよく聞こえない現象のためでした。

以前に初めてiPhoneを購入してからケースを着せたが、ケースが汚れているたので、「やっぱり、iPhoneはセンポンが真理だ〜」という考えを持ってセンポンに持って通っていたが、リッパーを受けて、新しいボディを持ったiPhoneをてみると、保護心理が働くをしてケースを購入したんです。いざという低次元な事情で今日受け取ったケースもかぶせてくれて、保護フィルムも貼りなおしてくれました。

ケースを購入する前に、私は選択したケースの条件は次のとおりです。
1)ゼリーケースは避ける。 – グリップ感もそう、iPhoneのポデを軽減させてくれる役割をするにシリコ​​ーン製のケースは避ける方です。
2)着脱が容易なべき。 – あるケーススライダーのように、iPhoneの全体を包み込んでくれる代わりに、毒に上げたりするには、下の部分を分離して与えなければならないケースは、好ましくありません。
3)グリップ感を損なわないようにする。 – iPhoneはセンポンがグリップ感が最も良いようです。ケースがあまりにも厚くなるとグリップ感を損なうので、できるだけ薄いことが購入する。

今回購入したケースの名前は「iPhone 3G / 3GSアイカバーレザーケース+ハードコート保護フィルム “。初めて購入する場合は、iPhoneと同じ色である白のケースを購入しましたが、今回は少し大胆な変身を試みてみました。

まさに「赤は3倍速い」という根拠のない俗説に巻き込ま赤ケースを購入しました。ㅋ
まず、包装ショット!

IMG_0703

パッケージを剥がしたら、次のようなケースが出てきます。アップルマークとカメラの部位は、穴が空いており、全体的に革の感じを与えるケースとなっていますね。また、写真にはありませんが、液晶部の保護のためのフィルムと、背面アップルロゴを選別するフィルムが含まれています。

IMG_0704

ケースの内側は、このようにできました。内側には、複数の国の特許を囲っています。韓国、日本、米国の特許を受けたね。
また、内側のケースは、anti-scratchコーティングがされているとします。説明上、スクラッチの日ではないだろうが、これは書いて見ると分かるようですね。

IMG_0705

オフィスにカメラがなくて、ノートパソコンのカムで撮ったらディテールが多潰れますね。
装着された姿は、次のとおりです。iPhoneの側面にある金属部分を完全にカバーしません。その部分に私はスクラッチは我慢周期ました。

Snapshot_20101130

やはりノートカムの用途は、おおよその人物の分ぐらいがなるか確認します。何かプラスチックケースとレザーの接合部を見せようとしましたが、ノートパソコンのカムには、とんでもない音ですね。結論はよくついているです。これはもっと使って見て耐久性テストをして見なければならないようだし。

Snapshot_20101130_1

背面はこんな感じです。正確アップルロゴの穴パン、カメラの穴パン、そして側面の音量調節部位に穴パンです。^ ^

Snapshot_20101130_2

久しぶりにiPhoneのケースを着せてやると、iPhoneがよりイポジね。そのうちには、このようにイポヘながら使用して与えなければならなりません。

蛇足)ところで…(情熱的な)赤ケースを挿入された3倍速くならないのは、どのような理由ででしょうか?

ノートパソコンスタンド(actto)とUSBハブ(cosy)購入

先日から会社で働きながら姿勢が異常に変わったことを知りました。よく話をするカメの首の姿勢をようになったでしょう。会社の作業環境は、24 “モニタとノートパソコンのデュアルモニターシステムです。ところでメインモニターを24″モニターを使用しますので、、ノートパソコンのモニターを見壊すどんどん頭が前方または下に降りて行くんですね。だからノートパソコンスタンドを購入しました。そして不足しているノートパソコンのUSBポート拡張のためにUSBハブも1つを購入しましたね。

現在の作業環境は、(撮っておいた写真があった…写真を掲載したが、何が問題なのか消えてしまいました。-_-)24 “モニタ、および床のノートパソコンの液晶が高さの差がありますよね。

だから、購入した製品は、まずノートブックスタンドはいくつかのゴルダだけ無難な製品を選びました。acttoので子供のノートパソコンスタンド(Easy eye Notebook Stand)です。
製品の包装は、このようになっています。このような形態の製品のパッケージを個人的に好みではないのに、その理由は、製品のウェングァンを見るには良いが、製品パッケージをちぎるのが大変で、ややもするパッケージをトゥトダが手を怪我することもあるからです。

IMG_0688

まぁ製品は、以下のような形で発生しました。以下は、前面の写真です。写真のホームにある黒いプラスチックの背後の背面にあるスタンドを固定することができるねじ(?)を介して固定する方式をとっています。この黒いプラスチックを上に上げるほどのノートパソコンの取付け角度が下がり、下に降りるほどのノートパソコンが立ち上がる形態をとっていますね。製品が触れる部分は柔らかなゴムのようになっており、中央部分がノートパソコンとの間隔があり、ノートパソコンの冷却にも役立つ形状ですね。

IMG_0690

第二にUSBハブです。万が一後のためにユジョンウォンUSBを購入し、元々は別のモデルを購入しようとしたが、会社で取引するものではないという理由で、この製品が来ました。製品の名前は、Cosy USB 7ポートハブで製品モデルは、UH909になっています。製品パッケージには、USBで電源が必要な製品を描いていました。

IMG_0689

今移動時や移動後にUSBライン1つを除く嵌として気楽にノートパソコンを利用できるようになりましたね。と完成された机の様子です。

IMG_0693

左の電線が汚れていますが、既存のに使用していた24 “のモニターとノートパソコン液晶の高さが同様に形成されているノートパソコンのモニターの利用がもっと改善されると思われる。もちろんUSB接続はおまけですね〜